Menu
お知らせ
トップページ お知らせ

お知らせ

10月10日より、新たなマンションの管理を開始いたします。

2018年10月10日

宮崎市に「レクシアシティ宮崎中央レジデンス」が完成いたしました。
10月09日 建物受領
10月10日 売主㈱ホームステージより、お客様への鍵引き渡し開始
10月11日 引っ越し開始

宮崎北警察署のすぐ近くに、100世帯を超えるマンションが完成しました。
駐車場も全戸平置き、2台目区画も完備されております。

マンションにお住まいの方々のコミュニティスペースとなる「ライブラリーラウンジ」を備えたマンションとなりますので、有効に活用いただけるよう管理会社としてもご提案していこうと考えています。

住みよいマンションライフを楽しんでいただけるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

平成30年10月1日 新たなマンションの管理を開始いたします。

2018年10月01日

平成30年10月1日より、熊本市中央区にて「コアマンションネクステージ古城堀端公園」の管理を受託させていただくこととなりました。

旧隈本城の横、道沿いには数々の有名な料亭も立ち並んでいた、由緒ある場所にあるマンションです。
熊本市の中心地に間近でもあり、再開発中の桜町からも徒歩圏内です。

住みよい環境をお届けできるよう、マンションに住んで良かったと感じてもらえるよう、管理会社を変えた価値があったと感じてもらえるよう努力を続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

ホームページに採用情報ページを追加しました。

2018年09月13日

本日公開で、採用情報ページを追加致しました。
この度、マンション管理業の始業から5年となり、マンション管理業の免許も更新になります。

これから先、よりお客様にご満足いただける会社となるためにも、人員の増員は必須と考えての事ですが、「マンションは管理を買え!」とよく言われているその「マンション管理」を我々と一緒にやってみませんか?

「マンションが好き」「人が好き」「お客様が喜ばれるのが好き」な方、大歓迎です。

いろんなお客様がいらっしゃいますので、自然と「人間力」が身についてしまうのがこの仕事の魅力かもしれません♪

未経験の方も大歓迎です。たいていの方は未経験からスタートになりますので、その分研修はしっかり行いますのでご安心ください。

興味を持たれましたら是非お問い合わせくださいね。

平成30年5月25日 新たなマンションの管理を開始いたします。

2018年05月25日

熊本市中央区に「レクシアシティ九品寺グラナス」が完成致しました。

平成30年5月24日 建物受領
平成30年5月25日 売主㈱ホームステージより、お客様への鍵引き渡し開始
平成30年5月26日 引越開始

人気の九品寺地区に100世帯を超えるマンションが完成しました。

こちらの町内会にとっては初の分譲マンションとなるそうです。
にぎやかになると、皆様のご入居を心待ちにされております。

組合員の皆様方と先々を考え、住みよさを備えつつ資産価値も維持できるように、しっかり管理をさせて頂きたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「震災復旧工事が進まない」という相談が多くなりました。

2018年05月24日

「震災の復旧工事が自分たちのマンションだけ行われない。」というご相談が多くなりました。
平成28年(2016年)4月でしたから、震災から2年を経過し、順番に周りの建物に外部足場が設置され、工事に取り掛かる状況が次々にみられております。

順番待ちの状況もあり、まだまだ、震災復旧工事は続く様相ではありますが、工事が未着手の場合は、同時にご自身のマンションはいつになったら工事が始まるのだろうという疑問もでてくる時期でもあります。

事実今から頼んでも、平成31年(2019年)秋工事あるいは、平成32年(2020年)春工事と聞くことも多いです。

 

詳しくお話を伺うと、共通している事項もあります。

「管理会社」が修繕しない。といったお声もよく聞きます。

ご相談の際に、管理組合の「理事会」や「総会」の開催状況等をお伺いするのですが、関心が薄くご自身がお住まいのマンションで、「管理組合理事会」や「管理組合総会」が開催されているのか、どういった進捗状況になっているのか、ご存知ない方もいらっしゃいます。変な話ですが、「周知されていない」または「公表されていない」というケースもあります。

区分所有者で法律上自動的に形成されるものが「管理組合」となりますが、分譲マンションという個人所有物の集まりについては、あくまでも管理の主体は、「管理組合」です。
各マンションの管理規約の定めにもよりますが、標準管理規約でも建物の管理者は「管理組合理事長」です。

「建物の修繕」はもちろんの事ですが、分譲マンション内で行われる事については、原則「管理組合」できめる事になります。

「管理費」や「修繕積立金」も、「管理組合」が集めているものです。
資金の使い道を決めるのも「管理組合」です。

※建物の管理の主体は区分所有者の集まりである「管理組合」であるという大原則があります。建物が誰の財産かと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

ほとんどの「管理会社」は「管理組合」の運営をお手伝いするという内容の「管理委託契約」になっていると思われます。

「管理組合」と「管理会社」間で、「管理委託契約書」を交わし、その内容に沿って「管理会社」は「管理組合」より「委託された内容」について、管理を進めるものです。

とは言え、「管理」には法律もからみますし、専門知識がどうしても必要でもあり、専門知識を持たない方があつまるケースが多いのが「管理組合」です。

「管理組合」がピンチの時ほど「管理会社」として、「管理のプロ」として、しっかり「管理組合」または「管理組合役員の方々」をサポートしていきたいものです。